ホーム 鼻の健康についてあれこれ

参考リンク

馬油と鼻の日々:開始編

0日目・・・ティッシュのいらない生活をしたい

中学生の時に鼻水がとまらないので耳鼻科に行ったら、蓄膿症と診断されたのが最初です。週に1日か2日のペースで耳鼻科に通院していて、暫くして、何となく行かなくなりました。やや黄色い鼻水がでるだけで、痛みはなかったので、何となくめんどくさくなったんですね。

それ以来、ティッシュは手放せませんが、症状は別に良くなるわけでもなく、かといって悪くなるわけでもなく三十年。

何時も鼻をかんでいるのはさすがに嫌なので、漢方薬を何度か試したことがあります。しかし、続けていて症状がなくなったので止めると、しばらくして再発。。。

最近も1年程漢方薬を服用していて、さすがに、もう再発は無いだろうと思って止めたのですが、しばらくして3日程風邪をひいて、再発。

1ヶ月12,000円を1年以上続けたのが、風邪3日で元の木阿弥とは。

今は、黄色い鼻水が出るのと、朝晩の鼻づまり、朝起き抜けは匂いが分からない。こんなもんだと割り切ってしまえば、どうということもないですが、、、なんだかなあ。
ティッシュの使用量が多いので、トイレットペーパーに変えました。

話変わって。

先日ネットで調べものをしていると、『馬油と梅雲丹の研究』というサイトを見つけました。馬の油なんて聞いたこともなかったですが。

で、何となく読んでいると、蓄膿症に馬油が効くとのこと。半月で膿が止まって1ヶ月で治るらしい。

本当かなあ。でも値段が安い。2,000円ぐらいで買えるみたいだし、1ヶ月ぐらいは持ちそうですな。効かなくても、12,000円より失望感は小さいはず。

明日薬局へ寄ってみよう。

今思えば・・・

暗いっす。

人に“暗い奴”と言われたこともある私ですが、今この日記を読み返すと、自分でも情けなくなるほど暗い幕開けです。

・・・どうしましょう(←何を今更)

参考リンク
馬油と梅雲丹の研究