ホーム 鼻の健康についてあれこれ

私の鼻体験

中学生の時に慢性副鼻腔炎と診断された私の鼻に関する記録です。

馬油と鼻の日々

2005年5月26日から現在まで鼻の中に馬油を塗り続けた記録です。

私を長年悩ませた黄色い鼻水と鼻づまりは、馬油を塗ることで大きく軽減されましたが、6月〜7月にかけての4週間は耳鼻科で処方されたクラリシッドとムコダインを服用していましたので、馬油のみの力かどうかは不明です。しかも何十年ぶりかで受けた耳鼻科の診断は慢性鼻炎だったので、副鼻腔の炎症がいつ治ったのかも正確なところは分かりません。甚だ曖昧な体験記となってしまいました。

ちなみに『馬油と鼻の日々:通院編』における医師との会話内容は、概ね事実通りですが、言葉遣いのみ大幅に脚色してあります。
実際は紳士的な言葉遣いをされる先生でした。

お急ぎの方はダイジェスト版『馬油と私の鼻』をご覧下さい。

漢方と鼻の日々

1970年代からの鼻に関する覚え書きです。

私が漢方薬を服用していたのは、1980年代末の約半年間と2000年頃からの約2年間、二回です。

私の蓄膿症を治したのは二回目の漢方薬服用だと思いますが、1980年頃から2005年6月まで耳鼻科に行かなかったので・・・漢方の日々を送っていた時にレントゲンを撮っていれば真実が分かったはずですが、当時は鼻のサイトを立ち上げるつもりなど毛頭ありませんでしたしね。

鼻腔拡張テープ体験

2005年8月、鼻腔拡張テープ二種類の体験レポートです。自分がアジア人であることを今更ながら実感しました。