ホーム 鼻の健康についてあれこれ

参考リンク

二種類の免疫

免疫システムは、自然(非特異)免疫と獲得(特異)免疫の二種類に分けられますが、お互いに密接な関係を保ちながら敵を攻撃します。

自然免疫=非特異免疫

自然免疫システムの多くは生まれた時には既に備わっていて、例えば赤ん坊が獲得免疫を身につけるまで外敵から体を守ってくれたりする、スタンダードな免疫です。

このシステムは、“非”特異といわれるように、どんな外敵(抗原)に対しても同じように攻撃します。というか、鼻水や、涙、皮膚も自然免疫とされています。
もし皮膚がなかったら、鼻水や涙が出なかったら、バイ菌が体に入りまくるわけですから、これらも立派な免疫です。

そして、見知らぬ敵が体内に侵入してきた時には、炎症が起こって熱が出たり、バイ菌が侵入したところが腫れて膿が出たりします。これらも自然免疫反応です。

なんだか当たり前すぎますが、侮ってはいけません。自然免疫は未だに不明な点が多いのですが、最近の研究では非常に大きな可能性があることが分かってきました。

抗原が体内に侵入した時に自然免疫システムで主に活躍するのは、補体、肥満細胞、サイトカイン、そして単球(マクロファージ)、顆粒球(好中球、好酸球、好塩基球)、リンパ球(ナチュラルキラー細胞)などの白血球です。これらは獲得免疫とも助け合いながら敵を退治します。

獲得免疫=特異免疫

敵に対して専用の武器をつくって攻撃する免疫システムです。抗原抗体反応というやつですね。

獲得免疫システムは体に侵入した抗原ごとに最良の攻撃方法を学習し、あらゆる抗原を記憶します。しかも、抗原の情報を記憶するリンパ球の寿命は非常に長いため、再び同じ抗原が体内に侵入した時、獲得免疫により素早い反応が起こり、発症する前に抗原は退治されます。

例えば、初めてハシカや水ぼうそうに感染した時には、とりあえず自然免疫で戦いながら専用の武器(抗体)をつくっておいて、二度目にウィルスがやって来た時には、発症する前に専用武器で速効撃退といった具合ですね。

オーダーメイドなので初めての場合は完成するまで数日程度かかりますが、二回目以降は生産ラインが完備しているのであっという間に大量生産。敵が増える前に退治しますから、二度と麻疹にかかりません。

獲得免疫で主に活躍するのはリンパ球(B細胞、T細胞)、樹状細胞、抗体。
T細胞にはヘルパーT細胞、キラーT細胞、サプレッサーT細胞、ナチュラルキラーT細胞といった種類があり、それぞれ役割が異なります。
もちろん自然免疫で登場したサイトカイン、補体、マクロファージも重要な役割を担います。

獲得免疫も未解明な部分が多く、新発見が続いています。

ついでに・・・

二つの免疫の違いは、つまりプレタポルテとオートクチュールの違い、といったところでしょうか。(←多分)

参考リンク
『春日井市立神領小学校:免疫(めんえき)ってどんなはたらき?』