ホーム 鼻の健康についてあれこれ

参考リンク

注意!市販点鼻薬:薬で肥厚性鼻炎?

ご存じの方も多いと思いますが、市販の点鼻薬は良く効くそうです。
でも、使い過ぎるとヤバイっす。

市販されている点鼻薬(スプレー)の多くは、成分に血管収縮剤が含まれています。
鼻が詰まっている時に鼻スプレーを使うと、鼻粘膜の腫れが治まり鼻が通ってきます。これは、血管収縮剤が血管の壁を通る自律神経を刺激して、血管を収縮させるためです。
初めての使用ならば、かなりの即効性があるとのこと。

しかし薬の成分が血管を収縮させているので、数時間経つと、鼻粘膜は元の状態に戻ります。
例えば風邪による鼻づまりに点鼻薬を使用した場合、薬の効果が切れた時に風邪が治っていれば、粘膜は健康な状態に戻ります。しかし、点鼻薬が鼻づまりの原因を治療するのではないので、病気が治っていなければ、効き目が切れると粘膜は腫れた状態に戻って、また鼻づまりです。

そもそも鼻づまりを解消するために薬を使うのですから、また点鼻薬を使用→鼻が通る→詰まる。これを繰り返すと、しだいに鼻粘膜の自律神経の働きが変調をきたし、点鼻薬の使用量、回数を増やさなければ鼻づまりが解消されなくなります。薬なしでは鼻が通らない。点鼻薬の副作用による依存です。

そして最後には鼻粘膜がむくんで腫れっぱなしになり、点鼻薬が全く効かない状態に・・・点鼻薬による肥厚性鼻炎です。

現実に苦しんでいる方にとって、点鼻薬を断つことは非常に辛いと言われますが、とにかく市販点鼻薬の使用を止めることが治療の第一歩になります。

“市販の点鼻薬には二度と近づかない”これが鉄則。

病院ではステロイド点鼻薬、抗ヒスタミン剤内服、レーザーによる粘膜焼灼その他、アレルギー性鼻炎療法に準じた治療が行われます。最初のうちは鼻づまりに苦しみますが、1-2週間で元の状態に戻り、粘膜肥厚の原因が薬以外に無ければ、鼻づまりそのものも治ってしまう事例も少なくありません。
しかし重症の場合は、薬やレーザーだけでは改善が難しいことも多く、肥厚した粘膜を切除することもあります。

ついでに・・・

なんだか別の種類の薬を連想しますね。クスリと言うよりも、むしろヤクと呼びたい。

参考リンク
耳鼻科50音辞典:
点鼻薬性鼻炎、市販の点鼻薬や血管収縮性点鼻薬連用から抜け出す治療

はたの耳鼻咽喉科:点鼻薬の鼻炎