ホーム 鼻の健康についてあれこれ

参考リンク

花粉症対策:花粉防止マスクの選び方

スギ花粉の大きさは20μm〜40μm、ヒノキ花粉は30μm〜40μm。マスクの網目が花粉の大きさよりも小さければ、花粉は通れません。あたりまえのことですが、花粉症対策としてマスクは大切なアイテムです。

とはいえ、高いのから安いのまで種類が多すぎます。不繊布、立体構造、カテキン入りとかキトサン除菌、液体セラミック加工やサバイバルマスクなんてのもあります。一体どれを選んだら良いのか迷いますな。

花粉症対策としてのマスク選び

現在販売されているマスクは、素材としてはガーゼと不繊布、形状としては平型と立体型に大別できます。

不繊布は繊維が複雑に入り組んでいるので、ガーゼに比べて花粉が付着しやすい構造になっています。とはいえ最近ではガーゼマスクも多層構造やフィルター付きになっていて、花粉が通過しにくくなっているそうです。また、ガーゼは不繊布に比べて肌触りが良いとも言われます。

また、平型よりも立体型の方が顔との隙間が出にくいのですが、平型でも鼻や頬に当たる部分にワイヤーをつけることで、密着度を上げた製品もあります。

マスクによる花粉除去率

日本赤十字社和歌山医療センター耳鼻咽喉科の榎本雅夫先生らは、各種の市販マスクを器械に設置し、吸気抵抗を測りながら一定量の花粉をマスクに落とし、そのマスクがどれだけ花粉を除去するかを測定しました。

ほとんどのマスクは95%以上の花粉を除去しました。意外なことに、花粉を99%とらえ、しかも最も呼吸のしやすいマスクは2個100円の一番安価な使い捨てマスクでした(図1の→)。この実験では、マスクを使用し続けるとマスクが花粉で目詰まりして、吸気抵抗が上がり呼吸しにくくなることも明らかになりました1)。

また、マスクの使用で注意しなければならないことがあります。鼻汁中の細菌がマスクに移行するので、使い捨てのマスクでは少なくとも2日に1度、理想的には毎日使い捨てるようにし、洗ってくり返し使用できるマスクでも1週間に1度くらいの間隔で新しいものに変えたほうがよいでしょう。

以上のことから、花粉をよく除去し、かつ呼吸しやすいマスクを使い捨てで使うことが、快適かつ経済的、衛生的な使用方法と考えられました。

鼻アレルギー情報センター:マスクやメガネは、花粉症にどのくらい効果があるのですか?

つまり“安いマスクを使い捨てる”のが一番ですかね。

さてもう一つ、奈良県立医科大学化学教室の井手武氏らによる興味深い実験結果があります。榎本先生の実験は器械による測定ですが、井出先生は実際に人間を使って測定しています。

実験に協力したのは43人。鼻腔内をあらかじめ生理的食塩液で洗浄した後、40人はマスクをかけ、3人はマスクをかけないで屋外で軽い運動をしてもらい、2時間後にもう一度鼻腔内を洗浄。洗浄液に含まれる花粉の数を調べた。実験に使用したマスクは計7種類。

その結果、マスクをかけない人と比べると、市販のマスクが花粉を防ぐ効果は18〜 73.8%と幅があり、商品によって花粉の防御能にばらつきがあることがわかった。一番効果が高かったのは不職布製のマスクをワイヤーで顔に密着させるタイプで、次いでガーゼにフィルターを付けたマスクをワイヤーで顔に密着させるもの。ワイヤーを使っていないマスクでは、花粉の阻止効果が低い傾向があった。

ただし、同じマスクを使っても、人によって効果に違いが出るようだ。今回の実験では、効果には人によって2〜8倍の開きがあり、なかにはマスクをかけなかった人より多量の花粉を吸い込んだ人もいた。

nikkeibp.jp:「花粉防護マスク」の効果、商品や使用者により大きなばらつき

つまり“自分の顔にフィットするマスクを選ぶ”のがベストとのこと。

井出先生によれば、普通のマスクでも約60%は花粉を防ぐが、薄い当てガーゼを加えることで、更に最高30%も花粉除去率が上がるとのことです。9割も花粉を防げれば、かなり鼻水鼻づまりを改善できそうですね。

井手先生は、「息のしやすさと兼ね合いにはなるが、マスクと顔の隙間に当てガーゼがあることで、マスク本来の性能に近づけることができる。マスク本体と取り替えるより、当てガーゼをたくさん購入し、頻繁に取り替えたほうが簡便だし、清潔を保つ上でも良い」と唱えてます。

根本眼科:花粉除去率の高いマスクを選ぶ基準

マスクの種類

以上の情報をふまえると、自分の顔の形に合った不繊布の安いマスクを使い捨てるか、当てガーゼによって鼻の直前で花粉を除去すればマスクでの花粉対策は万全となるはずです。

ちなみにマスク全般に言えることですが、顔にマスクが密着しているかどうかが最も重要になりますので、装着時のフィットチェックは必ず行いましょう。また、自分では顔の横の隙間はなかなか確認しづらいので、できれば他の人にチェックしてもらうと良いでしょう。

以下は3Mに記載されている、N95マスクのフィットチェックの手順です。

3MタイプN95微粒子用マスク(1860・1860S・ 1870)のフィットチェックに際して、特別な器具は一切必要ありません。フィット性をチェックするには両手でマスクを完全に覆うようにして、息を吐いて下さい。もし、鼻の周りから息が漏れているようなら、両手で鼻の金具を調整します。マスクの周りから息が漏れているようであれば、頭側部に沿ってゴムひもを調整して下さい。いずれの場合も調整後に改めてフィットチェックをして、息の漏れがなくなったことを確認して下さい。もし、適切なフィットが得られない場合には隔離区域には立ち入らないで下さい。

3M Japan:製品Q&A

低価格不繊布製マスク

玉川衛材 お徳用マスク使いきりタイプ 60枚入
ケンコーコム:玉川衛材 お徳用マスク 使いきりタイプ 60枚入
780円(13円/1枚)

榎本先生の実験結果を考えると、この使い捨てマスクがベストチョイスかもしれません。1枚13円という低価格にもかかわらず、不繊布三層構造。しかもノーズフィッターとマスク両サイドの特殊加工で、顔のラインにジャストフィットするとのこと。ケンコーコムでもかなり売れているようですね。

特殊繊維マスク+当てガーゼ

深呼Qマスク Mサイズ
ケンコーコム:
深呼Qマスク Mサイズ

2,205円(1枚)

マスク用あてガーゼ 5枚入
ケンコーコム:
マスク用あてガーゼ 5枚入

123円(24.6円/1枚)

顔にフィットするマスクと当てガーゼを推奨する井出先生の考え方によれば、この辺の組み合わせになるでしょうか。

深呼QマスクはS.M.Lの三サイズがありますので、フィットしやすい大きさを選択しやすくなっています。

ケンコーコム:グループウエストン 深呼Qマスク

このマスクの特徴は、洗って何度も使えることと呼吸のしやすさです。もちろんノーズワイヤーで鼻のまわりからの花粉も侵入しにくくなっていますし、プリーツ構造によりフィルターが口に触れることも無いそうです。

私はマスクをした時の息苦しさと圧迫感が嫌いで、風邪をひいてもマスクをしたくないのですが、このマスクだったらちょっと試してみたいかも。

素材に使われているマイクロエアースクリーンは約1000回の洗浄に耐えられますので、比較的高価ですが1個買えば1シーズンぐらいは充分使えそうです。

マイクロエアースクリーンは、太さ0.2μm(ミクロン)のポリエステル製モノフィラメント糸で織られた布地で、花粉や埃を通しにくく、通気性が良い(呼吸しやすい)のが特徴です。

モノフィラメント糸は、ガーゼに使われる木綿糸のような撚り目や繋ぎ目が無い糸なので、微粒子が非常に付着しにくくなっていて、花粉がマイクロエアースクリーンにぶつかっても繊維に絡まずに落ちてしまい、水洗いすれば粘りけのある花粉も簡単に落とせるとのことです。

マイクロエアースクリーンの編み目の大きさは25μm。スギ花粉の大きさは30μmとも20〜40μmとも言われますので、やや微妙なところですが、当てガーゼをすれば問題は無いでしょうね。通気性が良いのでガーゼをかませて丁度良いぐらいかも。

このマスクは60日連続洗濯テストでもフィルター性能に劣化がないことが確認されているとのことで、つまりガーゼマスクのように洗濯すると編み目が広がるようなことが無く、25μmの穴をキープできるのですね。

価格に見合うだけの機能を持ち、洗って繰り返し使えるので、思ったよりもリーズナブルなマスクのような気がします。使い捨てマスクがフィットしない方は、試してみる価値はあるかもしれません。

また、ケンコーコムでは一部商品を除いて“理由を問わず、開封/未開封に関わりなく”返品可能ですので、どうしてもフィットしなかった方は返品を申し出ましょう。

立体マスクその1

私がおすすめと思うマスクを二種類紹介しましたが、世の中にはメーカーの思惑というものもあり、多種多様なマスクが販売されています。百花繚乱といった感もありますね。

超立体マスク 花粉用 ふつう 15枚
ケンコーコム:超立体マスク 花粉用 ふつう 15枚
347円(23.1円/1枚)

特に女性に人気らしいです。マスクと口の間に空間ができるので、従来のマスクで不満の高かった「息苦しさ」「しゃべりにくさ」「口紅うつり」などの不快感が無いとのこと。

ただし、この超立体マスクは顔にフィットさせるワイヤー類がありません。このためサイズが合わないと顔とマスクの間に隙間ができやすいらしく、掲示板でも空気が漏れるという書き込みが散見されます。

多分そのためでしょうね、超立体は大きさや目的別に色々な種類が用意されています。製造元ユニチャームのサイトにはサイズの測り方も記載されていますので、購入の前に最適なサイズを測っておくことをおすすめします。不繊布製使い捨てマスク。

ユニチャーム:使い方とサイズ目安
ケンコーコム:超立体マスク マスクお買得品

立体マスクその2

もう一種類、今度はノーズワイヤー付きの立体マスク。

ファイン 立体アーチマスク 3枚
ファイン 立体アーチマスク 3枚
980円(327円/1枚)

“3枚の不織布を圧着させ、表側の不織布が曲がることでアーチを作り、鼻・口元にマスクが直接当たりません。”という鼻からアゴまですっぽり包み込むマスク。鼻やのどの乾燥も防げるそうです。

ノーズワイヤーも付いていますので鼻の上側の密着度も高そうです。

1枚あたり300円以上の高価な使い捨てマスクですが、“肌触りのよい素材を使用。長時間の使用をサポートします”とのこと。価格に見合った使い心地があるかもしれません。

N95マスク

SARS(重症急性呼吸器症候群)の感染対策で有名になった医療用マスクですね。もちろん現在でも販売されています。

N95というのはブランド名ではなくて、NIOSH(米国労働安全衛生研究所)が1995年に制定した呼吸器防護器具の規格クラスの一つです。

また、医療用に使われるN95マスクは、CDC(米国疾病管理予防センター)が1994年に改訂、発行した「医療施設における結核菌感染対策のためのガイドライン」にも適合している製品が多いようです。

もちろん日本においてもNIOSHに相当する防じん・防毒マスクの規格が定められていて“DS”などの呼称でクラス分けされます。
N95と同等の国内規格は“DS2”です。

  日本 米国
試験粒子 NaCl NaCl
粒子の大きさ 0.06〜0.10μm
(個数基準中央径)
0.075±0.02μm
(個数基準中央径)
試験流量 85L/分 85L/分
粒子捕集効率
判定基準
DS1:80%以上
DS2:95%以上
DS3:99.9%以上
100mg供給させる間の最低値
N95:95%以上
N99:99%以上
N100:99.97%以上
200±5mg供給させる間の最低値

N:Not resistant to oil(耐油性無し)
95:粒子捕集効率95%以上

D:使い捨て式
S:固体粒子用
2:粒子捕集効率95%以上

興研株式会社:日本・米国/ヨーロッパにおける防じんマスク規格

粒子サイズについては、個数基準中央径の他にも質量基準中央径という表し方があって数値が異なるそうですが、よく分かりませんでした。なにしろ電子顕微鏡でないと見えない世界の話なので。

結核菌の大きさは2〜4×0.3〜0.6 μmといわれますので、N95マスクで防ぐことができ、医療従事者が患者からの感染を防ぐためにこのマスクを使用しています。

もちろんマスクをしてさえいれば結核感染を防止できるというわけではないので、N95マスクは様々な感染防止策の中の一つとしての位置づけとなります。

ちなみにSARS対策としてのマスクですが、WHO(世界保健機関)は2003年にN95より防護力が強いP100(耐油性、粒子補足率99.7%以上)マスクの使用推奨に踏み切りました。
SARSコロナウィルスの大きさは0.08-0.16μmだそうです。

N95マスクの装着方法ですが、正しく装着するためにはかなり神経を使う必要があり、米国ではフィットチェックの厳守はもとより、専用のキットを使ったフィットテストなどの呼吸器防護プログラムが義務づけられています。性能を発揮させるためには顔とマスクの間に隙間があってはいけないということですね。

で、苦労して正しく装着したN95マスクの特徴ですが、

“息苦しい”って。

オールアバウトの記事によれば、長時間N95マスクを着けていられるのは正しく装着していないからこそ可能であるとのこと。

N95マスクは、本来は結核患者を診察する時に使用するマスクです。
微粒子を95%以上阻止するには、顔の大きさに合わせたマスクをきっちり装着しなくてはいけません。実は、きっちり装着すると健康な人でも呼吸が苦しくて、30分くらいが限度です。
ニュースに登場する人たちは、大きさが合っていない点ときっちりと装着してない点が気になります。
航空機の長時間の移動後に空港内で歩いている姿や、町中で装着したまま歩いている姿は、正しく装着していないからこそ可能なのです。

All About:空気感染、飛行機が危ない! SARSが恐い理由

まあね。繊維同士の隙間をより小さくして微粒子に対応しているわけですから、息苦しくなるのは当然でしょう。

しかも息苦しいからといってマスクをずらせば、隙間ができて細菌どころか花粉まで入り込みますから、マスクを着けている意味が全く無いわけで。

どうも花粉対策としては、N95マスクはオーバースペックな気がします。花粉だけ遮断すれば良いのに、細菌やウィルスまで防いで息苦しくなっても・・・。

しかし、メーカーも微粒子遮断と息苦しさの解消を両立させるために改良を重ねているようで、米キンバリークラーク社のPFR95マスクは結核対応マスクとして、すでに全世界の医療現場で実績があるとのこと。N95基準適合の不繊布製使い捨てマスクです。


アレルギー生活改善総合研究所:花粉症対策マスク・PFR95
7,400円〜(148円〜/1枚)

NIHON KOHDEN:PFR95の装着方法

PFR95は、そのユニークな形状によって高度の密着度や気密性を保ちながら、息苦しさが軽減されているそうです。これだけマスクと顔の間に隙間があれば呼吸もしやすいでしょう。口紅がマスクに付くことも無いそうです。

というか、オーバースペック云々よりも、このマスクを着けて外を歩くのは相当勇気が要るんじゃないかと思いますが、それともお洒落?

PFR95は、見事に使いこなした暁には、町の人気者になれるかもしれない一品ですが、「いやいや私は地味な暮らしを」という方は、3MのN95マスク「9210」の方が良いかもしれません。

3M 防護マスク 9210 N95 20枚入
3M 防護マスク 9210 N95 20枚入
3,000円(150円/1枚)

防じんマスク

まさかいないだろうと思ったら、2chのマスクスレでは実際に花粉対策で防塵マスクを使用している方もいるようで、なんと快適な使用感らしいです。

iconicon
モノタロウ:
3M防じんマスク
No.8812-DS1(10枚)
icon

排気弁付
2,180円(218円/1枚)
使用限度時間:12時間

3M特許クールフローバルブは呼気の熱やムレも排出

iconicon
モノタロウ:
3M防じんマスク
No.8511-DS2(10枚)
icon

排気弁付
4,896円(489.6円/1枚)
使用限度時間:27時間

顔への密着性を高めるとともに、よりソフトな装着感

iconicon
モノタロウ:
3M防じんマスク
No.8710-DS1(20枚)
icon

排気弁無
3,860円(193円/1枚)
使用限度時間:14時間

使い捨て式防じんマスクのベストセラー

その他の防塵・業務用マスクはこちら icon

特に排気弁付きのマスクは、顔への密着度と呼吸の快適さの両立性において、普通のマスクと較べものならないほど良好で、メガネの曇りもかなり抑えられるとか。

書き込んだ方によると、DS1のマスクでも花粉に対しては全く問題なく、使用限度時間を超えても大丈夫だそうです。通勤通学に使うだけなら、二、三日は持ちそうですね。

実は私も大昔にアルバイトで防じんマスク(フィルター無し)を使っていたことがあり、フィットチェックなど知らずに無造作に着けていましたが、業務用だけのことはあって気密性は確かに良かった記憶があります。

呼吸のしやすさについても、今より緩い規格だったからかもしれませんが、フィルター無しでもれなりの重労働をこなせる程度の呼吸感ではありました。湿気はこもりましたけれどね。

N95と同様、花粉対策としては高性能過ぎるマスクではありますが、時と場合によっては案外狙い目かもしれません。

どうしても顔とマスクの間に隙間ができてしまう不器用な方、僅かな花粉でも反応が出る症状の重い方、花粉は防ぎたいが暖かい季節になった時にマスク内の暑苦しさが我慢できない方・・・etc向け。

ついでに・・・

マスクによって花粉を完全に防げずに鼻がつまってしまった時、市販点鼻薬に手が伸びる方もいらっしゃるかもしれませんが、血管収縮剤が配合されている点鼻薬に対しては十分ご注意下さい。

使いすぎると薬剤性の肥厚性鼻炎を引き起こす可能性がありますので、できれば耳鼻科で点鼻薬を処方してもらいましょう。

鼻の健康についてあれこれ:薬で肥厚性鼻炎?
鼻の健康についてあれこれ:市販点鼻薬の成分

さて、鼻の次は目ですが、日本医科大学の雑賀寿和先生によるシミュレータ実験によれば、3時間歩いた時に目に入る花粉の数は以下の通りでした。

メガネなし=29個/cm2
通常のメガネ=9.8個/cm2
プロテクター付きメガネ=1.8個/cm2

普通のメガネでも1/3に減らせるので、普段メガネをかけない方も花粉の季節だけはメガネを着用した方が良いでしょうね。

スカッシー ソフトフィット M
ケンコーコム:
スカッシー ソフトフィット M

2,250円

アイガード スカッシー 2000
ケンコーコム:
アイガード スカッシー 2000

1,680円

スカッシーソフトフィットはL〜SSまで4種類のサイズがあり、ソフトフレームとソフトアームにより、顔や耳の形にフィットしやすくなっています。

アイガードスカッシーは眼鏡店で度付きレンズに変更可能とのこと。

参考リンク
鼻アレルギー情報センター:
マスクやメガネは、花粉症にどのくらい効果があるのですか?

nikkeibp.jp:
「花粉防護マスク」の効果、商品や使用者により大きなばらつき

根本眼科:花粉除去率の高いマスクを選ぶ基準
3M Japan:製品Q&A
興研株式会社:日本・米国/ヨーロッパにおける防じんマスク規格
All About:空気感染、飛行機が危ない! SARSが恐い理由
経済産業省中部近畿産業保安監督部近畿支部:
防じんマスクの新規格の概要及びその対応について

3M 安全衛生製品:防じんマスク
DUMPER.JP:マスクについて考えるスレ
社団法人 林木育種協会:「スギ・ヒノキ花粉」豆知識
財団法人日本アレルギー協会:D.科学的証拠文献表