ホーム 鼻の健康についてあれこれ

参考リンク

歯性上顎洞炎

私は「虫歯と蓄膿症になんの関係が?」と思っていましたが、実は関係大ありでした。

上側の歯がついている骨が上顎骨です。
顔を正面から見ると、奥歯の上あたりから頬骨にかけて顎骨が伸びていますが、ちょうどこの三角形の部分の中に上顎洞があります。に

上顎洞は奥歯のすぐ上から始まっているので、人によっては奥歯の根元が上顎洞に突き出している場合があります。

奥歯付近に虫歯や歯槽膿漏があって歯の根もとに炎症が起きた時、上顎洞まで炎症が広がると、上顎洞炎になります。

通常の蓄膿症は両方の鼻に症状が現れますが、歯が原因で起きた上顎洞炎は、原因の歯の側だけの症状が多く、急性の場合は歯の痛みに続いて、臭い鼻汁が出たり、頬の痛みがあります。
慢性の場合は、歯の痛みはそれ程でもないようです。

また、上顎洞炎が原因で歯が痛む場合もありますので、歯が悪くないのに上側の奥歯が痛い時も要注意。

歯性上顎洞炎の治療は、炎症の原因が歯ですから、歯と鼻の治療が同時に必要となります。原因の歯を治療しながら、上顎洞の炎症が急性のものであれば洗浄や抗生物質の投与。慢性であれば手術をする場合もあります。

ついでに・・・

片側だけの鼻づまりや鼻汁に血が混じっている場合は、ごくまれにですが上顎洞癌の可能性も無くはないので、気になる方は遠慮せずに病院へ行きましょう。レントゲン一枚で安心できるなら安いもんです。

参考リンク
しらかば通信:歯が原因による副鼻腔炎
gooヘルスケア:歯性上顎洞炎