ホーム 鼻の健康についてあれこれ

参考リンク

鼻づまりの原因

蓄膿症になると当然鼻づまりですが、そもそも鼻づまりが蓄膿症の原因にもなります。持ちつ持たれつの嫌な関係。

というわけで、鼻づまりの原因をいくつか。

風邪

主にかぜのウィルスが気管支や喉、鼻の粘膜に感染して起こります。
例えばウィルスが感染した鼻粘膜や副鼻腔粘膜はうっ血して腫れ上がり多量の鼻水が分泌されます。
腫れ上がった粘膜は細菌が感染しやすい状態になっていますから、細菌は喜んで感染。鼻水が黄色い膿になって蓄膿症です。

アレルギー

アレルギーの原因になる物質に体の免疫システムが過剰反応し、炎症を起こします。鼻の粘膜が炎症を起こせばアレルギー性鼻炎ですね。花粉が原因のアレルギーは花粉症。
鼻粘膜が炎症を起こせば、風邪と同じように細菌感染から蓄膿症へ移行する可能性があります。

抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、減感作療法などの治療法がありますが、完治は困難です。

血管運動性鼻炎

アレルギー以外の原因でアレルギー性鼻炎のような症状が出ます。
原因は鼻粘膜の自律神経異常と言われますが、治療はアレルギー性鼻炎と同じでOKという不思議な病気。

肥厚性鼻炎

鼻炎が続き、鼻粘膜の特に下鼻甲介の腫れが慢性化します。血管収縮剤を使って腫れが収まれば単純性鼻炎ですが、効かなければ肥厚性鼻炎です。
常に両方の鼻が詰まりっぱなし。

鼻中隔弯曲症

鼻中隔は薄い軟骨と骨でできていて、鼻腔を左右に分けています。
誰でも多少は曲がっているそうですが、鼻呼吸に差し支えるほど鼻中隔が曲がっていると、鼻づまりの原因になります。殴り合いの喧嘩をした後は要注意。

ついでに・・・

鼻づまりを治すためには、元の病気を治す必要がありますが、アレルギー性疾患や自己免疫性疾患が原因だと、長期間の治療が必要になります。

参考リンク
笠井耳鼻咽喉科:鼻づまり、鼻閉