ホーム 鼻の健康についてあれこれ

蓄膿症(副鼻腔炎)の話

蓄膿症とは頭蓋骨の中にある副鼻腔という場所の粘膜が炎症を起こして、膿が溜まる病気です。

健康な人がいきなり蓄膿症になったりはしません。最初は風邪や花粉症などで鼻が詰まって鼻炎になります。副鼻腔の炎症はその後です。いつも遅れてやってきます。

他の病気が散々暴れまくったあげくに、結果的に副鼻腔が腫れちゃったのが蓄膿症なんですね。

というわけで、蓄膿症の予防や治療のためには、鼻風邪は早めに治したり花粉症はできるだけ悪化させない、など副鼻腔の炎症を引き起こす原因になる病気にも気を配る必要があります。

このカテゴリでは鼻粘膜や副鼻腔の構造から様々な副鼻腔炎の種類、鼻づまりを起こす原因などを順に解説していきます。
より専門的な情報をお探しの方は、各ページ下部の参考リンクをご覧下さい。